スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2(小雪吹雪Ver.)
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ シルバー文鳥へ

白文鳥のひとこと 2008.05.27編

2008.05.28 02:53|文鳥のひとこと

換羽で右顔がハゲてますけど、何か?



【飼い主より】

夜になると厚手のカーテンを引いてしまうので、自分の秘密基地がなくなってしまう「彼女」。

厚手のカーテンの間やクッションの後側などを一生懸命覗いています。

そんな様子をカメラにおさめようとしたところ、「何か?」といいたげな顔で見返されてしまいましたとさ!(笑)


スポンサーサイト
web拍手 by FC2(小雪吹雪Ver.)
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ シルバー文鳥へ

あたしの秘密基地

2008.05.23 00:50|文鳥たち

前回の記事の冒頭でご紹介したひょうたんグミ、とうとう紅く熟しました~!

ご覧下さいませ!

まさしく、紅いひょうたんでしょう(笑)?

少し薄めの緑色の葉によく映えて、この時期の庭にアクセントを加えてくれます。


それから、妖怪・吹雪ババァと化していたチビッコ・桜ですが、だんだんと筆毛が少なくなってきて、ようやく元の姿に戻りつつあるようです。

ただ、やはり換羽毎に白い羽が増えていくようですね。

頭のあたりはあまり変わらないように思いますが、身体の方はグレーの羽の中に白い羽が生えてきました。

今日は、文鳥としては正統派なモチスタイルでうとうとしてました(笑)。


さて、我が家の文鳥連中、昼間はカーテンの影の秘密基地を探検していることが多いのですが、日が暮れてカーテンを閉めてしまうと、その秘密基地は明日の朝までお預け(笑)。

そこで、夜の秘密基地をいろいろと探索しているようです。

最初に夜の秘密基地を征服したのは、チビッコ・桜(笑)。

こちらはベッドの上に置いてあるアーム型のクッションとカーテン、壁で三方を囲まれた秘密基地です。

こうなると秘密基地に関して、夜は立場が逆転。

「彼女」がどんなに怒って威嚇しようが、この基地に身を隠しているチビッコ・桜は怖いモノ無し!

絶対に譲らないのでした(笑)。


「彼女」も以前に比べると、行動範囲を広げて、夜の秘密基地を探しているようですが、何せ、荒鳥脱却中ですから、チビッコ・桜ほど勇気を持って暗闇に入り込むことはできないようです(汗)。

そこで、もう一方の関心事であるエサに走る「彼女」(爆)。

チビッコ・桜が秘密基地でのんびり寝ている間に、豆苗を食べ尽くす勢いで必至に食べるのです。

しばらくすると、そんな様子にハタッと気付いたチビッコ・桜が飛んでいきますが、時既に遅し(笑)。


最後に、先日、「彼女」が急に寝る場所を変えたことを書きましたが、その数日後、夜、のぞいてみると(文鳥連中は迷惑そうですが)、今度は「彼女」がブランコに、チビッコ・桜が昔「彼女」が寝ていた向かって右側の壁に寄りかかって寝ておりました。

またしても、…何故だ!?…と、思わず写真を撮りました(爆)。

その後は、通常通り、「彼女」は天井に近い天然木の止まり木、チビッコ・桜はブランコ…という位置に戻っていますが、まったくもって、「コトリのキモチ」はわからないものですね(笑)。


web拍手 by FC2(小雪吹雪Ver.)
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ シルバー文鳥へ

ツーショット祭り リターンズ

2008.05.15 23:52|文鳥たち

さてさて、右の写真、何かおわかりになりますか?

これ、グミの一種で「ひょうたんグミ」って言います。

えっ?そのままじゃん?そうなんです、ひょうたんの形をした実がなるんです。

今はまだ熟していませんが、これから熟して、真っ赤なひょうたん型の実になります。

なかなかかわいいヤツなんですよ、これが(笑)。


それはさておき、今日は久しぶりにツーショットまつりを(笑)。

最近は、お互い、慣れたのか諦めたのか、以前に比べるとツーショットも珍しくなくなりました。

2人同時に興味を持つモノは、食べ物か洞くつと相場が決まっておりまして(爆)。

届いたばかりの荷物を開けておりますと、2人が手の上に集合いたしました。

しかして、その視線の先にあるものは…。


それは、2人の主食である「文鳥専科 by キクスイさん」でございます(笑)。

ムキエ、殻付き、ゴマなどなど、文鳥さんが好みそうないろいろなモノが混ざっておりますが、不思議なモノで好んで食べるモノが季節などをキッカケに変わったりします。

最初は2人ともゴマには見向きもせず、毎日エサを変えるときにゴマが残っていたのですが、冬辺りからゴマを好んで食べるようになって、食事直後に顔の側に近づくと、あの香ばしい「すりごま」の香りが(爆)。


さて、次のツーショットは、洞くつ前での一場面です。

「彼女」が独占を続けているカーテン裏の秘密基地、先日、ようやくチビッコ・桜が入口から中を覗くことに成功しました(笑)。

…といっても、秘密基地の中を覗いている…というより、カーテンのヒダを見上げているだけのような気もしますが(汗)。

しかし、決して中に入れてはももらえないチビッコ・桜でした。


それから、昨日の夜のこと、「彼女」が軽いてんかん様発作を起こしました。

昨年の秋にも一度発作を起こしていまして、今まで永年文鳥と一緒に過ごしてきて、そのような発作は初めての経験だったので、かなり焦りました。

話にだけは聞いたことがあったのですが、聞くと見るとじゃ大違い!

ただ、「彼女」の場合は、かなり軽い方で、足がふらついて、うまく歩けなくなるので、自分で更にパニックに陥って、飛びまくり、少し手の中で落ち着かせると、ケロっと治ってしまう…というパターンです。その間は長くて2~3分です。

最初に発作を起こしたときは、まだ手乗り度30%くらいだったので、手の中で落ち着かせることが難しく、とりあえずフゴに入れて様子を見ました。

今回は、カゴの中でパニックを起こしていて、運よく手のひらの中に入ってくれたので、「大丈夫だからねぇ」といいながら、頭から背中をなでて落ち着かせました。

いったん落ち着いてしまうと、それまでのことがウソのように普通に戻ります。

すぐにエサを食べ始め、洞くつを覗き…こちらが拍子抜けするほどです。

恐怖を感じたり、驚くことがキッカケで発作を起こす…ということなのですが、「彼女」の場合はキッカケがつかめないのが困りモノ(哀)。

これからも、よぉく観察して、キッカケとなるできごとを把握して、防止に努めたいと思います。


web拍手 by FC2(小雪吹雪Ver.)
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ シルバー文鳥へ

コトリのキモチ

2008.05.09 21:03|文鳥たち

ここ数日の初夏のような陽気で、庭のミニバラたちはいっせいに花を咲かせてくれました。

前回ご紹介したテディベアに次いでワタシが好きなミニバラが、たくさん花を咲かせています。

そうです、おやゆび姫シリーズ スノードロップ!

小さな八重咲の花で、ちょっとダリアのような趣ですが、とてもカワイイミニバラです。


さて、GW最終日、前日とはうってかわっての青空、久しぶりに文鳥連中を日光浴に連れ出しました。

前回から少し時間があいていたので、2人ともあたふた、あたふたしてます(笑)。

前回、トナリのクリーニング屋さんのノボリ旗がはためくのが怖かったようなので、今回はお花たちがよく見える玄関前のポーチに連れ出してみました。

2人とも心臓バクバクです(笑)。


特に、チビッコ・桜の方が顕著に変化が見られます。

「彼女」は、少し時間が経つと意外にも、のびをして周りを見回したり、怖いなりに状況把握に余念がありませんが、チビッコ・桜は少し動いてはフリーズ、また少し動いてはフリーズ…という具合です。

今シーズン初挑戦したペーパーカスケードを背景に記念撮影しましたが、なんだか文鳥とは思えない様相を呈してます(笑)。

この後、2人とも細~くなりながらも、エサをついばんだり、お水を飲んだり…と少し慣れた様子でしたが、陽差しが強そうだったので、今回も数分で撤退しました。


さて、今日のタイトルの「コトリのキモチ」ですが、これは永遠の謎です(笑)。

文鳥さんは人間とコミュニケーションをたくさんとる種類の鳥さんだと思いますが、それでも「何故だ?」「何故に?」と思うことがよくあります。

「彼女」が我が家に来たばかりの頃、夜、キャベツの上に乗って、片足をカゴの壁にかけて寝ていたとき「何故だ?」と思いましたが(爆)、一昨日の夜からまた「何故だ?」と思うことが…。


今まで「彼女」は、夜は向かって右側の壁に寄りかかるようにして寝ていたのですが、一昨日の夜から突然、向かって左側に取り付けてある自然木の止まり木で寝るようになりました。

「何故だ?」

しかも、昼間は怖がって、その止まり木には近づくこともできないのです。

以前から、天井付近に大好きな半生フルーツが入ったエサ入れを取り付けてあっても、思いっきり背伸びしてはみるものの、この止まり木には絶対に乗らなかったのに…。

「何故だ?」

写真は、朝、ブランケットを開けたばかりの状態で撮った写真ですが、「彼女」はまだ寝ぼけているようで、自分が例の止まり木に止まっているという認識がないようです(笑)。

この後、あわてて、下の止まり木に降りました。

ホント、「コトリのキモチ」は永遠の謎です。


最後に…妖怪・吹雪ババァを(爆)。

まだまだ激しく換羽中のチビッコ・桜、ハゲ部分もあり、筆毛もありで、すっかりお婆さんの風体です(笑)。

本当はもっと頭の部分をアップにした写真をお見せしたいのですが、あまりの妖怪ぶりにみなさまにショックを与えかねないと判断し、自粛いたしました(笑)。


web拍手 by FC2(小雪吹雪Ver.)
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ シルバー文鳥へ

本格的にキテます!

2008.05.04 16:51|文鳥たち

GW後半、みなさんいかがお過ごしですか?

少し天気は崩れたものの、例年になくお天気もよいようですね♪

ラナンキュラスやパンジー、ヴィオラは終わってしまいましたが、そろそろバラたちが花を咲かせる時期を迎えています。

もちろん、我が家は小さな庭ですからして、ミニバラ勢揃い!でございます(笑)。

昨年の夏の終わりに植え替えを敢行したため、秋には花を咲かせなかったミニバラたちですが、この春はしっかり咲いてくれそうです。

写真は、ワタシの大好きなミニバラ・テディベアです。


さて、我が家の文鳥連中ですが、えぇ、おかげさまで元気です。

2人とも換羽が本格的になってきたようで、カゴの中だろうが外だろうが、至る所に2人分の羽がフワフワと舞ってます(笑)。

羽繕いをするとハラハラと舞い落ち、驚いて飛び立つとハラハラと舞い落ち…という具合です。


「彼女」の方は、晩秋から初冬にかけてちらほらと換羽が始まったのですが、本格的になる前に産卵&抱卵を迎えてしまい、中途半端な状態で中断。

右顔ハゲハゲのまま産卵&抱卵を終え、今、だんだんと本格的に換羽時期を迎えているようです。

「彼女」よりも激しく換羽中なのがチビッコ・桜。

この写真は5/1に撮影したものですが、今日時点でもっとトゲトゲになってます(笑)。


しかも、数日前までは、しっぽは立派なえびフライ状態!

今日現在は、真ん中の羽が伸びてきたので、なんとか文鳥のしっぽに見えるようになりました(笑)。

昨年はヒナ換羽だけだったため、本格的な換羽は今回が初めて。

でも、昨年の晩秋の「彼女」に比べると、「彼女」もチビッコ・桜も元気です。

やはり本来の換羽時期である、今のような気温がある程度高い時期に換羽をすれば、体力の消耗も最小限ですむのでしょうね。


最後に……。携帯の待受け画面、変えました(笑)。


web拍手 by FC2(小雪吹雪Ver.)
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ シルバー文鳥へ
| 2008.05 |
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Profile

Chiara

Author:Chiara
シルバー文鳥の淡雪、桜文鳥の芽吹と暮らしています。
ゴマ塩文鳥・吹雪は2013.7.19お星様に…
白文鳥・小雪は2013.10.12お星様に…

文鳥時計

Flower Dome

スポンサーリンク



カスタム検索

Resent Comments

Category

Resent Entries

Messate to me

名前:
メール:
件名:
本文:

Japanese Color

Counter


Short Message to me

Tweet

Search Form

RSS Link Disp.

Links

Amazon

ページtopへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。