ちょっとだけ復帰

2008.01.27 14:34|つれづれ

ブログをお休みすることをお知らせしてから約1週間、みなさんにコメントやメッセージでご心配いただいて、本当にありがとうございます。

最初にお知らせするときに、まずはお休みするお知らせをしようかしまいか…、次はお休みする事情をお話ししようかしまいか…とても悩みました。

とりあえず、お休みすることだけはお伝えしておこうと思い、「彼女」にメッセージを託したのですが、ワタシの体調を心配してくださるコメントやメッセージをいただいて、少しだけ事情をお話ししておこうと思い、ちょっとだけ戻って参りました(笑)。


実は、母の葬儀などそれにまつわる諸々の事情でお休みをいただいています。

父も持病があり、姉も具合が悪くなってしまったため、ワタシが葬儀などの様々な手はずを整えなければならず、バタバタとしています。

お陰様で無事、葬儀は済ませましたが、法要や仏壇、お墓、公的手続きなどなど、まだまだやらなければならないことが山積みです。

こういう非常時には、いろいろな人の本質を否が応でも見なければならない…という、辛いオマケがついています。

また、家族にはそれぞれ歴史があり、両親との関係や兄弟姉妹との関係の形も様々ですが、親戚や他人が手は出さないけれど、口だけは出す…という典型的なパターンにも耐えなければなりません。

そういった状況は今回が初めてではないのですが、今回は自分自身が主、また事情が異なります。


こういう経験を何度かして思うことは、遺族に声をかけてくださるならば「がんばって」以外の言葉を…ということです。

病気で家族を亡くしたにしろ、事故にしろ、家族はその時点でかなりがんばっているはずです。

ですから、改めて「がんばって」と言われると、「これ以上、どうがんばるのか…」とお先真っ暗な気持ちになります。

そして、今回の場合は、「お父さんを大事にしてあげてね」「お姉さんを大事にしてあげてね」と何度も声をかけられましたが、それも精神的に追いつめられる励ましでした。

もちろん、事情を全く知らない方々は、励ましの言葉として、いろいろな声をかけてくださるのは承知しているのですが、「じゃ、ワタシはいつ休めばいいの?誰がワタシを大事にしてくれるの?」と思ってしまう未熟モノのワタシがいました。


ついつい愚痴をこぼしてしまって、本当にゴメンナサイ!

こういう愚痴は、不思議と身近にいる友人などには話せないものなんです。

ここで少しだけお話ししたことで、少し気持ちが軽くなりました。

そして、こういう気持ちでいる間も、我が家の文鳥連中や、みなさんのブログで拝見する文鳥さんたちに、どれだけ癒されたことか…。

様々な仕事を終えて、夜遅くに部屋に戻ると、1日中放っておかれたというのに、2人は「待ってたの~」とばかりに元気に鳴いてくれて、少しだけカゴから出してあげると、ぼ~っとしているワタシの手や肩に止まって、顔をのぞき込んで来るんです(笑)。

文鳥さんたちには飼い主の状況がある程度わかっているように思います。

「あぁ、この子たちの人生はワタシの手に託されているんだ…」と改めて思い、「ワタシができる限りのことをしてあげたい」と更に強く思いました。

まだ、しばらくは通常通りの放鳥はできないけれど、部屋にいるときはできる限りカゴから出して、一緒に過ごそうと思っています。


そんな事情で、もうしばらくバタバタしてますが、少しずつ復帰できたら…と思っています。

みなさんとみなさんの文鳥さんたちが、元気で過ごせますように!


P.S. コメントいただいているみなさん、お返事ができていなくてゴメンナサイ!


スポンサーサイト
web拍手 by FC2(小雪吹雪Ver.)
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ シルバー文鳥へ

Comment

No title

心よりお母様のご冥福をお祈り申し上げます。

私も昨年父が他界しました。
同じ立場でしたから、おっしゃること良くわかります。(母はショックでうまく立ち回れず、結果万事私が仕切りました。)
一番大変なのはChiaraさんなのにね。
「母を任せた」「お母さんを大事にね」という励ましに対し、Chiaraさんの「じゃ、ワタシはいつ休めばいいの?誰がワタシを大事にしてくれるの?」という気持、全く同感です。それって、私自身を労ってくれる言葉ではないですものね。
これ以上頑張りようが無いのに「頑張って」って、これまたしんどい言葉です。
悪気が無いのは判っているだけに、辛いですね。

今もお忙しさが続いていて、なかなか普段の生活のリズムに戻れないこととお察しします。
くれぐれも、無理なさらないように。
そうはいっても、無理しなければならない状況かもしれませんが、何かお話したい気分になられたら、いつでもお話くださいね。
お待ちしています。

コメントのお返事なんて、そんなの全然気になさらないでね。

No title

お母様のご冥福をお祈り申し上げます。
Chiara さん,たいへんでしたね。
自分しかやる人間がいないとなると,かなり頑張られたことと思います。
そして,他人の無神経な言葉に傷つくことも多かったのですね。
「おとうさん,おねえさんを大事にしてね」
は,単なる慣用句にしか過ぎないんです。
想像力のない人々は,そんな言葉しか言えないんですね。
そんなことしかいえない人々,口しか出さな人々には
それなりの付き合いをしていればいいのであって
儀式的なことが終わればもう忘れましょう。
そんなことより,この後,全てが終わったあとの,
Chiara さんの気持ちの方を,私は心配します。
いろいろな感情が押し寄せてくるでしょう。
怒り,悲しみ,喪失感,後悔・・・
これを乗り越えるのは自分自身なんですね。
家族や友の存在にも励まされるでしょうが,
結局は自分が時の助けを得ながら乗り越えていくしかないのです。
あ ぶんさんたちの存在は特に大きな慰めになりますね。
2年前に父をな亡くした私が,やはりもかに大いに慰められました。

ブログはゆっくりアップなさってください。
待っていますから。
そして,どうぞご自愛くださいね。

No title

そうでしたか・・お母様大変だったのですね・・
私にもお悔やみの言葉を言わせてください。

お母様のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

前回、彼女さんからの伝言でお休みするということは、
Chiaraさんのことですから何か大切な事情がおありなのだろうな、
とは思っていましたが、そんな大変なことだとは想像もしていませんでした。
葬儀は終わってからも何かしら問題が山積みだったり
やらなきゃいけない事の連続で、今はまだまだ悲しんでる時間すら
取れてないのではないかと思うと、Chiaraさんのお体も心配です。
お母様をなくされて一番辛いのはChiaraさんですものね。
なにもかも自分だけでしょいこまず身近な誰かに甘えられるといいのですが・・

文鳥を通してChiaraさんの人となりを少しは知ったつもりでいる私ですが、
私もラマ夫もChiaraさんに多大な好意と信頼を寄せています。
ちょっとうまく言えませんが、どうか無理なムリだけはなさらないように、と思います。

karinさんもいずみんさんもおっしゃってますが、
コメントの返事などは気になさらず、
ブログのアップも気が向いてくれば、でいいですよ。
私もいつまでもお待ちしてますからね!
まずはご自身の事を大事にされてください。

No title

いろいろなご事情を抱えて本当に大変なこととお察しいたします。
浅はかな私などは「頑張って」という安直な言葉をそれこそ「こんにちは」と同じレベルで多用してきたように思います。
もしChiaraさんを辛い気持ちにさせてしまっていたとしたら本当にごめんなさい。

小雪ちゃん吹雪ちゃんが、Chiaraさんのなぐさめや癒しになっていらっしゃるとのことが少しだけほっとする思いです。命というものはいとおしいものですね。

言い訳のようですがメールをいただきながらお返事をしなかったのは、私からのメールが煩わしい用事の一つになってしまうのでは、と思ったからでした。不義理のように失礼になってしまったこともお詫びします。

「なにもかも 言おうとすると 出る涙」という私の好きな川柳があります。
生きてゆくこと自体が修行のようでもあります。
うまく言葉が出てきませんが、どうかお体大切になさってくださいね。

No title

ぶんさんたちと一緒にユアペースで。
遥か遠くからですが、思っています。

No title

お母様のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

私も 主人の母を昨年亡くし、父がすでに他界している状態で自分達だけで 全てを進めなければいけないという経験をしました。

葬儀までもドタバタしているけれど…
その後も 初七日・四十九日と次々とやってくる。
口だけ出す親戚の言葉が胸に刺さり…。
お墓も何もない状態。公的手続きも山積み。
もう、気が休まる暇もありませんでした。

私も ふとした時の文鳥の変わらない声に
心が休まりました。

無理しないで下さいね。
身体を休める時には とにかく寝る事です。
自分が倒れてしまったら どうしようもありませんから。

No title

chiaraさん お母さまのご冥福をお祈り申しあげます。

お休みなんてどうしたのかなと思っていたのですが 大変だったのですね。
お忙しいのに わざわざお時間を割いて書いてくださってありがとうございます。
お疲れの出ないように 無理しすぎないように
気をつけてくださいね。
お返事なんて気になさらなくて結構ですから
落ち着いて ブログを書こうという気になった時にでも ブログを書いてください。
気なが~に待ってますからね。

No title

Chiaraさん、お母様のご冥福をお祈りいたします。

私も数年前に父親を亡くしたので
Chiaraさんのお気持ちは痛いほど
よくわかります。
家で泣いていると、うちのピーが
顔のそばに近寄ってきて「どうしたの?」と
言わんばかりの表情をして覗き込んできて
とっても励まされたことを思い出します。

きっとChiaraさんの文鳥さんたちも
心配してくれていると思いますよ。
今は色々とお忙しいでしょうけれど
落ち着いたらまた文鳥さんたちと
たくさん遊んであげてくださいね。

なんだか支離滅裂な文章ですみません。

ゆっくりなさってくださいね。

No title

お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

お疲れ様でした。
吹雪ちゃん小雪ちゃんとゆっくりなさってくださいね。

Chiaraさんのことを勝手にインフルエンザにしてしまい、申し訳なかったです。
なんだかちょっとだけ復帰を促してしまって・・。
でも、吐き出すことですっきりすることがあるならば、
若輩者ではありますが、愚痴でもなんでもききますので
話してください。

皆様おっしゃってますが
コメントやらアップやら気になさらず
マイペースでおねがいします!
非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

Chiara

Author:Chiara
シルバー文鳥の淡雪、桜文鳥の芽吹と暮らしています。
ゴマ塩文鳥・吹雪は2013.7.19お星様に…
白文鳥・小雪は2013.10.12お星様に…

文鳥時計

Flower Dome

スポンサーリンク



カスタム検索

Resent Comments

Category

Resent Entries

Messate to me

名前:
メール:
件名:
本文:

Japanese Color

Counter


Short Message to me

Tweet

Search Form

RSS Link Disp.

Links

Amazon

ページtopへ