動く文鳥たち #009 記念日スペシャルバージョン!!

2008.07.09 02:12|動く文鳥シリーズ

今日のチビッコ・桜、昨日の記事でみなさんが水浴びを褒めてくださったので、すっかり今日は自分がご褒美をもらえる日だと思ったとか思わなかったとか(笑)。

本当のところは定かではありませんが、実は今日は「彼女」の「オーツ麦記念日」なのです。

2006.11.9、某ホームセンターから我が家に、生後半年~1年の全くの荒鳥の状態でお迎えした「彼女」。

「豆苗た~いむ」などを設けて、仲良くなろうと日々努力はしていましたが、カゴの扉を開けても無関心…。

青菜を変えるために手を入れれば大騒ぎ、たまに扉から出てきてもうまく飛べずに床に急降下などなど…。

そんな日々が続いていました。

今までヒナヒナしかお迎えしたことがなかったので、だいぶ戸惑いましたが、例え手乗りにならなくても、だんだんと呼ぶと反応してくれるようになってきた「彼女」とは、きっといつか仲良しになれると信じていました。


そんな状況が激変したのは、ヒナヒナのチビッコ・桜をお迎えしてからでした。

傍若無人な(笑)中ヒナに育ったチビッコ・桜は、大胆にも「彼女」のカゴを占拠したり、入り浸ってはエサや豆苗を食べるなどの暴挙に出たわけでして(汗)。

そのうち、「こんなコに負けてる場合じゃないわ」と「彼女」が思ったかどうかはわかりませんが(笑)、カゴから外に毎日出てくるようになり、今度は逆に「彼女」がチビッコ・桜のカゴに入り浸るようになったのでした。

そして、運命の2007.07.08…とうとう「彼女」が1粒のオーツ麦をワタシの手から「パクッ」と食べたのでした!

それからの「彼女」は努力家ぶりをいかんなく発揮し、今では手ベッドでウトウトするようにまでなってくれました。

ありがとう!小雪ちゃん!


さて、ずいぶんと前置きが長くなりましたが、そんな記念日にあたり、今日は「煮干し缶大開放デー」を催しました(笑)。

みなさんのブンさまの中にも「煮干しで大興奮」なさるブンさまがいらっしゃることと思いますが、我が家は特に「小雪」が人(鳥)格が変わったかのように大興奮します。

では、記念日スペシャルバージョンとして、そんな「煮干し缶大開放デー」の様子を3連発でお楽しみ下さい!





かくして、祭りの後はこのありさま(爆)

散乱している煮干しを見ると、到底食べているとは思えません(笑)。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2(小雪吹雪Ver.)
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ シルバー文鳥へ

Comment

No title

小雪ちゃんが特に嬉々として振り回していますね(^^)
やはりほとんど食べていないようですね。
匂いに興奮するのか(^^;
うちのもかさんが,魚の匂いに興味を持つようになったのは
2歳を過ぎてからのような・・・
魚の匂いは大人の匂い!?

No title

テーブルの上に産卵じゃなくて散乱した
にぼしはこの後どうなったのでしょうか?^^

No title

私がこちらにお邪魔したときは
既に吹雪ちゃんは今の状態だったのですが
雛雛吹雪ちゃんの傍若無人ぶり、初めて拝見いたしました。
やっぱすごいよ!君は!(笑)

煮干しを前に興奮してる小雪ちゃんかわいいですねー。
上手に煮干しくわえてるねーと
微笑ましくみていたら、やっぱりやってきた!
吹雪ちゃん!
やはり小雪ちゃんの背後からなんか狙ってますね(笑)

No title

誘導してくれる子がいると…
変わっていきますよね。
うちも がんこの父ちゃんが
成鳥になってから お迎えしたので
同じような感じでした♪

”煮干し缶大開放デー”動画3連発
楽しませてもらいました!
煮干は食べたいけれど…
缶の中が ちょいと怖い??って感じで
これまた カワユイ!

素敵な記念日で良かったですね~

No title

煮干し

No title

間違えて押してしまいましたちゅうとはんぱですいません。
煮干し缶大開放デーですか^^いいですね~
私もやってみようかな♪

No title

あらら、大変な盛り上がりをみせていますね~
次から次から取り出して、ブンブン・・。
あぁ・・素敵な彼女さんが人が変わったようです

>青菜を変えるために手を入れれば大騒ぎ、たまに扉から出てきてもうまく飛べずに床に急降下などなど…

そうだったんですね!いきなり仲良くなれないとは知りながら、今の彼女さんの姿を知っていると本当に信じられない思いです。
ほんのちょっと前はそうだったんですよね
きっと彼女さんもChiaraさんのことを気になりながらも警戒心の方が先に立ってしまって、近付けなかったんでしょう。でもオーツ麦をキッカケにその壁が取れたのですね。
その壁を頑張って越えてくれた彼女さん、優しく待ち続けてあげたChiaraさん、素敵な関係です
あ、もちろんスペシャルゲストの桜ちゃんの活躍も忘れてはいけませんね。

No title

小雪ちゃんはお迎えしたとき、荒鳥だったんですねー。うちも成鳥でお迎えした子がいました。とうとう手乗りにはなりませんでしたが、別に人間が嫌いなわけではなかったみたい。

煮干に我を忘れる(?)小雪ちゃん。
途中で参戦する吹雪ちゃん。
うーん、やっぱりかわいい。
何をしていてもかわいい・・・。



No title

嬉しそうにはしゃいでいる小雪ちゃんと、背後からお姉さんの様子を伺っている吹雪ちゃん。
可愛いですね。
見ているとしっかりもぐもぐしている小雪ちゃん。カルシウムの補給は十分ですね。(笑
非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

Chiara

Author:Chiara
シルバー文鳥の淡雪、桜文鳥の芽吹と暮らしています。
ゴマ塩文鳥・吹雪は2013.7.19お星様に…
白文鳥・小雪は2013.10.12お星様に…

文鳥時計

Flower Dome

スポンサーリンク



カスタム検索

Resent Comments

Category

Resent Entries

Messate to me

名前:
メール:
件名:
本文:

Japanese Color

Counter


Short Message to me

Tweet

Search Form

RSS Link Disp.

Links

Amazon

ページtopへ