思ひ出は永遠に…

2008.10.27 22:27|文鳥たち

今日は先代・桜文鳥の2回目の命日です。

情けないことに、未だに思い出すとメソメソしているので、きっとアチラで先代・桜文鳥はご立腹なことでしょう(汗)。

ワタシの長い文鳥生活の中で、最も印象に残るパートナーとなった先代・桜文鳥…。

飼育環境や文鳥の高年齢化、独身女子文鳥の産卵について、深く深く考えるキッカケを作ってくれた先代・桜文鳥…。

それまで、なんとなく文鳥を飼い続けていたワタシに、「文鳥のいない生活など考えられない文鳥バカ」であることを改めて教えてくれた先代・桜文鳥…。

その名も「とりこ」(そのままじゃん!)。


このコはヒナヒナの頃から一風変わったコでした(笑)。

育雛箱の中で、首を思いっきり伸ばして寝ている子で、育雛箱にかけてある布を取る度に、わかっていながらも「ぎょっ」とさせられました。

でも、とにかくよく食べる子だったので、「これはひっさびさの男子かぁ?ひっさびさにダンスとお歌かぁ?」と期待しましたが、ただ単にとにかくよく食べる女子文鳥でした(爆)。

写真の体勢はまだまだ甘い体勢ですが、この後、親指にくっつくほど首を下げて、ほっぺをナデナデすることを要求します(笑)。

その体勢になってから、しばらく知らんぷりしていると、親指と人差し指の間に無理矢理顔を入れてきます(汗)。

で、あえなく飼い主は白旗をあげて、ほっぺをナデナデするはめに…。

でも、そういう体勢になったときは、ど~んな場所をど~んな風にナデナデしても怒られないので、やりたい放題ナデナデできるのです!


そして、一羽飼いで引っ越しも経験した先代・桜文鳥は、自分のことを人間だと思っていたフシがあります(笑)。

春、初夏、秋など、エアコンなどがいらない時期は、部屋のドアを開けて仕事をしているのですが、いつも扉のノブに陣取っていて、部屋を出ようとすると、「アタシを置いていく気?」とばかりにガンをとばされます。

その刺さるような視線を逃れて、置きざりにして階下に行こうものなら、ホバリングや方向転換が大得意の先代・桜文鳥は、部屋のノブから階段をホバリング気味に飛んで降りてついてきます(汗)。

そんな先代・桜文鳥を見送ってから、もう2年も経つなんて…。

見送った直後から夢に出てきては、文鳥のヒナヒナの映像を見せた先代・桜文鳥がいたからこそ、今の2人に巡り会って、荒鳥の「彼女」がほぼ手乗りにまでなる…という超ハッピーな体験もすることができたんだよね。


「ありがとう。とりこ。」

そうそう、昨日ね、チビッコ・桜が、とりこと同じように階段をホバリングしながら降りてきたよ。

そしたら、数時間後には「彼女」もホバリングして降りられるようになったの。

でもね、2人とも細~くなってたから、まだまだアナタにはかなわないみたい(笑)。

これからもずっと、ワタシたちや世界中の文鳥さんと文鳥飼いさんを見守っていてね!


スポンサーサイト
web拍手 by FC2(小雪吹雪Ver.)
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ シルバー文鳥へ

Comment

No title

こんばんは。
うちの梅ちゃんの事で涙して下さったとのこと・・
今日がとりこちゃんの命日だったんですね。
そうだったんですか。。まだChiaraさん宅を読破しきっていないので
気付きませんでした。
言葉に詰まってしまって、、、でも、きっと私の気持ちはChiaraさんには
伝わってくれてるものと信じますよ^^;
思ひ出は永遠なんですよね。そして姿は無くても
傍に居てくれてると私は信じてるんですよ。
私達に出来ることは笑って、彼女・彼等の事も思い出し心の中でお話ししてあげることですよね。
お互いに頑張りましょう。

Chiaraさんの「とりこ」さんというネーミングセンスが
私の「ぶんた(しかもメス)」に共通するものがあると感じてるのは
私だけでしょうか^^;
よろしかったら、リンク貼らせて頂いても良いですか?ご検討下さいね~。

No title

「鳥子」とも「虜」ともとれるお名前・・・♪
かわいかったんですねぇ・・・。
いなくなっても思い出が残るから、やっぱり文鳥と過ごす日々って大切なんやなぁ・・・とつくづく思います。

あたしだって感傷に浸ることもあるんですよー(笑)

No title

そうでしたか~。
私なんか、11年経ってもいまだにメソメソしてますから。。
さぞかし、まだまだお辛いでしょう。

だけども、お互い、今は新たな文鳥さんがおうちにいます!

思い出を胸に、今日も今いる文さん達に滅私奉公しましょうね(笑)!



No title

とりこちゃんの写真の表情からもなんだか
「わたしはにんげん!」って思っているのが伝わってくるような・・・^^
たくさんの良い思い出を残してくれたんですね
我が家は以前、文鳥ではなくてワンコ(ヨーキー)を飼っていました。
今年の5月で亡くなってから2年だったのですが。
やっぱり私も寝る前とかに思い出すとメソメソしちゃいます・・・
でも、今はモティスがそれを和らげてくれています。
本当にぺットって大切な存在ですよね。

きっときっととりこちゃんはChiaraさん、そして
小雪ちゃん、吹雪ちゃんのことを見守って
くれていると思います。

No title

こんばんは。
とりこちゃんの2回目の命日だったのですか。。。
とりこちゃんはChiaraさんに文鳥の魅力を教えて文鳥無しの生活が出来ないほどにさせてしまったんですね。
私もライゾウの前文鳥の「ぽち」それを教えてもらったので文鳥無しの生活はもうできません。

Chiaraさんにこんなに思われてとりこちゃんも幸せでしたね。

No title

特別な子っていますよね。
とりこちゃん、幸せモノですね!
きっと、今頃、ウチの子と仲良くなってくれていると信じて(笑)
ちょうどうちの子と同じくらいの時期だったんだなぁ、と思うと不思議な感じです。
これからも、ずっととりこちゃんを大事にしてあげてくださいね!!
そして、小雪ちゃんと吹雪ちゃんと楽しく過ごしてくださいね!!!

No title

とりこちゃんって 絶対 自分が文鳥だなんて
思っていませんよねぇ。(笑)
私も 子どもの頃から 文鳥と一緒で…。
一時期 いなかった時もあったんですけど
自分で働き出したら、初月給で文鳥飼う!って
言い、その時から ず~~っと文鳥と一緒。
嫁入りも 文鳥と一緒だったし(笑)

どの子も みんな思い出があって…
今も いろいろな子の名前が出てきます。

私も 文鳥なしでは もう生きられないわぁ~(笑)

No title

Chiaraさん、こんにちは。
こちらでは「初めまして」になりますね。
先日は拙宅の氷羅が永眠した際に慰めの御言葉を
下さり、ありがとうございました。
御礼が遅くなってしまい申し訳御座いません。
氷羅が虹の橋へ行ってもうすぐ1ヶ月になります。
あの時Chiaraさんが下さった暖かい御言葉、
胸に染み入りました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
勤労感謝の日に四十九日を迎えます。
まだ氷羅のことを思うと「なんでもっと…」という気持ちになり、
悔しさと申し訳なさから涙が止まらなくなってしまいます。
だからChiaraさんのとりこちゃんへの思いは分る気がします。
また、Chiaraさんが氷羅逝去の時にコメントを下さったのは、
きっととりこちゃんのことを思い出してなんだろうなと感じました。
形としてはもう傍にいないけれど、御霊はずっと
一緒にいてくれているものと思っています。
とりこちゃんも、きっと今この瞬間もChiaraさんの
傍にいらっしゃることでしょう。
Chiaraさんにとっても、私にとっても10月は感傷の月ですね。
でも思い出してそっと語りかけることが、
そして1日でも早くに笑顔を取り戻すことが、
一番の供養になるんですよね。
Chiaraさんには小雪ちゃんと吹雪ちゃんが、
私には先住文鳥ズと新しくお迎えした初音と琴音がいますものね。
お互い頑張りましょうね(^^)

No title

Chiaraさんにとって、とりこちゃんは本当に特別な存在だったんですね。
写真の「なでて~!」っていう姿勢が、本当にカワイイ。とりこちゃんは、Chiaraさんと一緒にいるのが大好きでたまらなかったんだろうなあ・・・。
実は最近、とりこちゃんと同じインターネット霊園に、我が家の亡くなった子たちも入園したんです。とりこちゃんと一緒に楽しい時間を過ごしているといいな。
非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

Chiara

Author:Chiara
シルバー文鳥の淡雪、桜文鳥の芽吹と暮らしています。
ゴマ塩文鳥・吹雪は2013.7.19お星様に…
白文鳥・小雪は2013.10.12お星様に…

文鳥時計

Flower Dome

スポンサーリンク



カスタム検索

Resent Comments

Category

Resent Entries

Messate to me

名前:
メール:
件名:
本文:

Japanese Color

Counter


Short Message to me

Tweet

Search Form

RSS Link Disp.

Links

Amazon

ページtopへ