動く桜文鳥 #008

2009.12.16 02:05|動く文鳥シリーズ

ここ数日、急に気温が下がって、ようやく通常の冬らしくなりましたね。

でも、今までが暖かい冬だったので、この寒さが尋常でないように感じてしまうという(汗)。

さて、先日、つぶやいておりましたように、チビッコ・桜は昨日までに毎日1個ずつお玉ちゃんを産み、今、5個のお玉ちゃんを温めています(哀)。

あの、あの、寝逃げをするようなお子ちゃまのチビッコ・桜がお玉ちゃんを産み、そして、抱卵している…飼い主であるワタシですら、なんだかキツネにつままれたような気分です(爆)。


しかも、「彼女」に比べるとかなり怒りんぼでして、カゴの外、しかもビニールカバーの外側からのぞいて、指をさすだけで、声なき赤べこ状態になっております(汗)。

「彼女」よりも身体が小さいので、モシャ系の巣に入っているときは、頭の上すら見えていないので、一瞬「どこいったのさっ!」と焦ったりして(爆)。

不思議なもので、チビッコ・桜が抱卵していると、「彼女」はつまらないようで、朝、ブランケットを半分だけ開けた時点から、「だぢでぐれ~」と騒ぎます。

そのワリに、チビッコ・桜がエサを食べに出てくると、何故か急いでカゴに戻って、一緒にエサをついばんだりしております(笑)。

またしても、世にも不思議な文鳥模様を見せてくれている我が家の文鳥連中です。


さて、そんなチビッコ・桜の様子をご披露します。

…が、何せ、半分ブランケットをかけて暗くしているため、画面が暗くてわかりづらいと思います(汗)。

さんざんっぱらエサを食べた後、モシャ系の巣に戻り、声なき赤べこになっておりますので、目をよぉく凝らしてご覧下さい(笑)。



 


唐突ですが…

秋から冬にかけてのこの季節になると、先代・桜文鳥のことを思い出します。

この気温の差が激しい季節は、寒さが苦手なブンチョにとっては、まさしく魔の季節…。

仲良くしていただいている文鳥仲間さんの愛ブンチョさんが旅立ってしまったり、鳥さんを飼っている方のブログ巡りをしていると、体調を崩してしまったり、旅立ってしまったり…。

悲しいお知らせを聞く機会が増えます(涙)。

そんな今まで旅立って行った鳥さんたちが、天国でみんな一緒に、痛みも苦しみも全部消えて、元気に仲良く暮らしていてほしいと切に願う…ワタシにとってはそんな季節です…。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2(小雪吹雪Ver.)
参加してます♪
人気blog Rankingへにほんブログ村 鳥ブログ 文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 白文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ 桜文鳥へにほんブログ村 鳥ブログ シルバー文鳥へ

Comment

No title

日本も寒波がやってきて急に冷え込んでいるのですよね?こちらも土曜日から急に寒くなりましたよ。
今朝は-5度でした。何度まで下がるのか…。

吹雪ちゃんが無事5つの卵を産み抱卵してると知り安心しました~。寒さの対策は飼い主が管理できますが、お玉ちゃんは何も手出しできませんしね。

元・荒鳥の小雪ちゃんが朝から放鳥を催促するなんて!我が家はようやくケージから出ることを覚えたばかりで、小雪ちゃんのように手乗りになるのは程遠いですが、それなりに日々進歩してるようです。

赤べこ吹雪ちゃんかわいい~。

PS ストラップは無事15日に到着いたしました。封筒を開ける前から音を聞いてニンマリしてしまいましたよ~。ステキな音色ですね。

車のキーに付けてみました。運転が楽しみです。

No title

去年はハクのために凹ませてしまいまして^^;

今年はあたしも少々ショックな出来事が続きました。自分とこでは淡々とやっとこうと思うとなんだかかえってハイテンションすぎる書きかたしてたりしてちょっと不自然ですけど^^;

文鳥の寿命とか考えると、これからもいろんな方とお付き合いしてるといろんなところでこういう悲しいことに出会うことになるかとも思うんですけど、自分のとこの子も含めて、それ以上に、元気な今を大事にしなきゃ、とも思ってます。

No title

吹雪ちゃんの無言赤べこ~ヽ(*´∀`)ノ
ぶんちょのDNAには赤べコがプログラムされてるに違いない!!!
産卵してるっと伺って心配になりましたが、
とっても元気そうで何よりです。
小雪姉さんは大人の雰囲気が醸し出されていて素敵です❤

旅立ちは生き物には必ず起こる事ですが、
わかっていても寂しい限り。
今ある命を大切に過ごしたいです。

No title

ふぶきちゃん、安産でなによりです。
小雪ちゃん、きっとさびしいのね。。。
文鳥さんの友情(?)って少し不思議ですよね(笑)

秋から冬、そして春にかけてはいろいろなことを思います。
通勤途中の木蓮の木を見るたびにそらのことを考え。。。
きっと、みんな痛みも苦しみもない暖かい場所で過ごしていることでしょう。
そして、またいつか、新しい飼い主さんと出会い、どこかで溺愛されているはず。
そう信じています。

願わくは、夢でも会えたらいいのに、と日々思ったり。。。

No title

こんばんは~。
今日はこちらもとっても寒かったですよ。

吹雪ちゃん、卵5つも産んだのですか!?
びっくりです。
皆さんのお宅でも卵ラッシュですよね。
こんなに小さな体でこんなに沢山産むなんて…と
いつもハラハラしながら拝見しております。
小雪ちゃんもこれから産む可能性が高いですよね?
もし産むなら、どうぞ安産でありますように。
そして、こらからの季節、皆さんと皆さんの文鳥さんが元気で過ごせますように
お祈りするばかりです。

No title

そちらは震度が大きくないようですが、いかがでしたでしょうか?
吹雪ちゃん、お玉ちゃんを守る姿が目に浮かびます。
小雪さん、ご機嫌いかがでしょうか?
Chiaraさん(最後になってしまってすいません)大丈夫でしたか?
余震があると大変なので、どうぞお気をつけてお過ごしくださいませ。

No title

吹雪ちゃんが産卵、そして抱卵。
あの吹雪ちゃんがねえ、などどしみじみつぶやいてしまいました。
吹雪ちゃん、5コも産めば、もうそれ以上はいいんじゃない?小雪ちゃんもさびしがってるし、今回はこのへんで終わりにしようね。
うちにもどうやら間違いなく女の子だとわかった生後5ヶ月のお子ちゃまがいるので、人ごととは思えず、いつかはうちの子も・・・と冷や冷やします。

日本の冬は文鳥さんたちには過酷ですよね。
私も、秋と冬に見送った経験があり、今思い出しても、もっと保温してあげればよかったとか、後悔することばかりで泣けてきます。
どのおうちの文鳥さんたちも、この冬を快適に乗り切ってくれるといいですね。
非公開コメント

| 2017.08 |
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

Chiara

Author:Chiara
シルバー文鳥の淡雪、桜文鳥の芽吹と暮らしています。
ゴマ塩文鳥・吹雪は2013.7.19お星様に…
白文鳥・小雪は2013.10.12お星様に…

文鳥時計

Flower Dome

スポンサーリンク



カスタム検索

Resent Comments

Category

Resent Entries

Messate to me

名前:
メール:
件名:
本文:

Japanese Color

Counter


Short Message to me

Tweet

Search Form

RSS Link Disp.

Links

Amazon

ページtopへ